産後の骨盤1

産後の骨盤について

仙腸関節図

リラキシンというホルモンの影響
リラキシンとは女性ホルモン(ぺプチドホルモンの一種)のひとつで、靭帯を緩める働きをします。

リラキシンの分泌が続くのは、生理前、妊娠初期3ヶ月から産後3日ぐらいと言われています。

骨盤周囲の関節(恥骨結合と仙腸関節)や靭帯が緩み広がりやすくなり、赤ちゃんが産道を通れるからだを作ります。

その影響で骨盤で内臓を支えていた靭帯が弱まり、骨盤が緩みはじめ、筋肉や関節に負担をかけることになるので、腰痛になりやすくなります。また、女性は男性より腸腰靱帯も長いのも考えられます。

また、生理前にもリラキシンの分泌量が増えます。

※リラキシンは、分娩時の恥骨靭帯の伸張・子宮の収縮阻害・子宮頚部の弛緩、分娩の成就に必須なホルモンとして知られています。

骨盤図

女性の骨盤
妊娠に適合しているので男性より相対的に幅も仙骨も広くあかちゃんが通りやすいように大きく丸くなっています。そのために脚の付け根間の距離を広め股関節を大きくさせています。

骨盤腔の図

女性の骨盤腔は男性より広い
最近では仕事、日常の環境の変化のストレス、運動不足などで骨盤周囲の筋肉が緩み、骨盤の歪み、ズレ、骨盤が開放している女性が増加
してきています

 女性は男性より骨盤が広く腸腰靱帯も長いので骨盤が歪みやすく、ズレを起こすと子宮に影響を与え生理痛や冷え性にもなります。また、骨盤の歪みで上に直接のっている腰椎が不安定になり腰痛にもなりやすくなります。

又、スタイルですが骨盤の開放で広くなり脚の付け根間の距離も広くなり胴周囲、お尻が大きく見えます。
下半身が痩せない・お尻が大きい・ポッコリ小腹とかが多いのはこの状態になりつつあると考えられます。

矢印

姿勢は?内蔵機能は?どうなるんでしょうか?

骨盤が歪むと背骨も歪みます。

  1. 正常な頸椎の前弯、胸椎の後弯、腰椎の前弯の姿勢が悪くなる。
  2. 骨盤や背骨が歪むと内臓が下垂を始める。
  3. 内臓機能にも影響し低下、胸部、腹部の膨張する。
  4. 呼吸が浅くなり自律神経に影響を及ぼし、便秘・ムクミ・冷え性、生理痛の体質になりやすい。
  5. 骨盤の開放でO脚やX脚にもなりやすくなります。

矢印

骨盤や背骨の歪みは 頭蓋骨や顔にも影響し歪みを与えます!

姿勢が悪く歪んだ体型で生活している方は

  1. 骨格のバランスが崩れて、頭蓋骨まで歪みます
  2. 頭蓋骨が歪むと顔も バランスを崩し、顔の左右のバランスがズレる。
  3. 目鼻たちの微妙な ズレ、頬骨・顎関節のズレを起こすことが多い。

●骨盤を整えることで骨格のバランスが整い、奇麗なお肌作りにも効果があり、リンパの流れも良くなり老廃物を常に排泄させ シワ・クスミ・タルミを改善しやすくなります。

●やせる為には食事制限・運動だけでなく骨盤の歪みを整え バランスよくして代謝UPをさせる必要もあります。

●痩せたい方・ダイエットに励んでいられる方は痩せる為の一つのプランとして!

当院では地域で唯一の独自の手技で産前産後の骨盤の不調を解消しています。
あなたも、一日も早く楽になって楽しい時間を過ごしましょうね!