腰痛1

腰痛について

特異的腰痛と非特異的腰痛の分けられます。

腰痛の画像
特異的腰痛とは
原因を特定できる腰痛で全体の15%で、感染脊髄炎、がんの骨転への転移、骨折また、内臓による慢性膵炎、腎炎、尿路結石、子宮の病気など・・。腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどの神経障害による腰痛があります。
非特異的腰痛とは
レントゲンやMRIなどの検査しても原因が特定しにくい腰痛で全体の85%を占めています。一般的に腰痛症や坐骨神経痛と診断されます。非特異的腰痛の中でも約2~3ヶ月痛みが継続する場合は
まずは消化器・循環器・泌尿器・婦人科系の病気などがあるので必ず病院を受診をお勧めします。

矢印

痛みを起こす要因について

「侵害受容性疼痛」
腰痛にも、腰椎や周辺の筋、筋膜、靱帯、内臓などに異常がある侵害受容性のもの。
「神経障害性疼痛」
神経が障害を受けて正常に機能しなくなった時に起こる神経障害性のもの。
「心因性疼痛」
精神的な要因(様々な不満や怒り、不安、不眠、職場のストレス)などの心理的影響で痛みを感じる心因性のものがあり、脳には痛みを抑えるメカニズムが備わっていて、心理的・社会的なストレスが原因でその機能がうまく働かなくなることがあり、痛みだけ残り心因性腰痛になります。

上記の心因性腰痛とは

心の問題によって腰痛の痛みがひどくなっている状態です

心が腰痛に関係あるの?と思われる方もいると思いますが、近年原因不明の腰痛、治りにくい腰痛の背後に、心の問題が関っているケースが多いことが分かってきました。

検査をしても腰痛の原因が骨の異常や病気が見当たらない。

またレントゲンやMRI検査で骨の異常が見つかっても、必ずしも訴えている腰痛の症状と一致しない。このように原因不明のまま、3ヶ月以上も続く慢性的な腰痛を訴えるケースが数多くなるのです。そんな原因不明とされてきた慢性腰痛の中に「心因性腰痛」がかなり含まれているようです。

慢性腰痛を訴える患者さんの約80%に抑うつ状態が見られるともいわれ、ストレスや心の問題が腰痛に大きく影響していることが分かっています。

 人は、絶望感・恐怖・怒り・不安・無力感・抑うつ感などを感じている時、痛みをより感じやすい状態になっています。

また、このような感情的ではなく、体の疲労感・眠れない・不快・孤独・運動不足など肉体的な理由のある場合も、通常より痛みを感じやすい状態になります。