一般的な梨状筋症候群の治療は

梨状筋症候群の病院などの一般的な治療

病院のイメージ図

病院では、まずレントゲン検査を受け、必要性があればCT検査もしくはMRI検査になります。臀部痛と坐骨神経痛の場合は状態が悪くなければ痛み止めの薬など様子・経過を診ていく形になります。

対症療法は
●安静療法などの生活習慣の改善
●リハビリなどの運動療法
●筋弛緩薬や神経ブロック注射