腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアの画像

椎体と椎体の間のクッションの役目の椎間板があり、椎間板は中央にゼラチン状の髄核、周囲にはコラーゲンを豊富に含む線維輪からなり、この髄核や線維輪の一部などが突出して神経を圧迫した状態が椎間板ヘルニアです。

ヘルニアには二種類あります。
脱出型ヘルニア
髄核が繊維輪を完全に飛び出したもの。
突出型ヘルニア
髄核が繊維輪から飛び出さずに一緒に突出したもの。

ヘルニアの特徴的な症状は

足のしびれの画像

強い腰痛と座骨神経痛を伴うのが多いです。
片側の下肢痛になりますが臀部から太もも裏、ふくらはぎ、つま先まで坐骨神経に沿って激痛になる場合がほとんどです。
※真後へ突出した場合、両側で症状がでます。

また、感覚の麻痺など筋力低下の症状もあり、つま先に力が入らず、つま先で立てないケースも多くあります。