腰椎分離症について

腰椎分離症について

腰椎分離症の画像

腰椎後方の上関節突起と下関節突起の間の関節突起間部でこの部分に過度の腰椎の屈伸、回旋が繰り返し加わることにより疲労骨折し関節突起間部が離れた状態が分離症です。
腰椎分離はほとんどが第5腰椎(90%)に発生しています。

主な原因は
腰椎のない健全な方で男性で3~7%、女性で1~4%がレントゲンやCT、MRI検査で発生が認められている現状です。

運動をしている子供の分離発生率は一般の子供の約3倍の9%で、運動選手だと10~30%で発生しているようです。

分離は生まれつき発生するのではなく、スポーツなどで腰椎に加わった過剰なストレスの繰り返しなどの後天的な原因によるものと言われています。

分離した部分の腰椎の安定性が失われて前方にずれた場合(すべり症)腰椎分離すべり症になります。

腰椎分離症の特徴的な症状は

腰椎分離症の画像

腰を反った時や捻った時に腰が激痛を起こします。
分離が発生し始めの初期は腰痛の程度も強く持続することが多く分離部や分離椎体の棘突起を押すと痛みが増し、神経根が圧迫されてお尻から太もも、ふくらはぎの痛み、シビレなどの椎間板ヘルニアにも類似した症状が多いです。

ボディケアMakino

〒596-0813大阪府岸和田市池尻町46-1アヴェニール久米田1F