腰椎すべり症について

腰椎すべり症について

腰椎すべり症は大きく分けると

腰椎分離すべり症の画像

変性すべり症
椎間関節や椎間板などの変性によって起こるもの。
分離すべり症
椎体と椎弓が分離し移行して起こるもの。
があります。
変性すべり症は加齢や長期間にわたる負荷などによって腰椎が変性を起こしやすく、男性に比べ骨などの組織が変性を起こしやすい女性の高齢に多いようです。

  • 椎間板と椎間関節の画像
  • 腰椎すべり症の画像
  • 腰椎分離すべり症の画像

腰椎すべり症の特徴的な症状は

腰椎狭窄症の画像

椎間板や椎間関節の変性によって、上の椎骨と下の椎骨が前後に移行することをすべり症。また、神経を圧迫させ、脊柱管の狭窄も起こす場合がほとんどで間欠性跛行(かんけつせいはこう)が伴い、神経根が圧迫されるからお尻から太もも、ふくらはぎの痛み、シビレなどの座骨神経痛、椎間板ヘルニアにも類似した症状が多いです。

間欠性跛行とは
何メートルしか歩けなく、しゃがむと楽になり、また歩くことができ、これの繰り返し。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴です。

過度の腰椎の屈伸、回旋が繰り返し加わることにより関節突起の間で疲労骨折(分離)した場合、腰椎の安定性が失われて前方にずれると(すべり症)腰椎分離すべり症になります。