胸郭出口症候群について

胸郭出口症候群について

胸郭出口症候群の画像

胸郭出口(鎖骨と第一肋骨の間の通る部分)で体の右側と左側にあり神経(腕神経叢)と血管(鎖骨下動脈、鎖骨下静脈)が通っている部分です。

この周囲の筋肉(前斜角筋、中斜角筋、小胸筋など)の緊張や、鎖骨・第一肋骨の圧迫により腕の痛みやシビレ、肘から指先にかけての痛みやシビレ、肩こり首の痛みなど、また耳鳴りや頭痛、めまいも起こす場合です。

特に女性は男性よりこの通路が狭く、神経・血管が圧迫されることが多く、悪化し始めると肩甲骨周囲まで痛みが放散する場合もあり、うずくような刺すような痛みが増します。

胸郭出口症候群の特徴的な症状は

  • 細かい作業がしにくい。
  • 腕から指先まで、うずくような痛み・シビレでる。
  • 力が入れにくいためにものが持ちにくい。
  • 痛みやシビレで精神的なストレスを受けて日常生活まで支障をきたす。

ボディケアMakino

〒596-0813大阪府岸和田市池尻町46-1アヴェニール久米田1F