五十肩・四十肩について

五十肩・四十肩について

五十肩(四十肩)とは肩の痛み、関節の動きが制限された炎症のことを言い、正式には肩関節周囲炎といい、ここでは五十肩で説明していきます。
年齢では40代から50代後半が一番多いようです。
症状は簡単に説明すると肩を動かす(特に上下運動)と激しい痛みです。

五十肩の特徴的な症状

  • 服が着れない、手が挙げると肩に激しい痛み。
  • 痛くて肩を上にあげれないので洗濯が干せない。
  • 洗髪が痛くてできない。
  • 後ろの荷物を取りたいとき痛くて手を後ろにできない。
  • 寝返りをして激痛で目がさめる。   ・・・などがあります。

急性期は
発症から2週間位で激痛や熱感、腫れなど。痛みが強く、無理をすれば何とか動かせる。
慢性期は
~6ヶ月程度で肩周辺の組織が癒着し肩や腕が動きにくくなる。痛みが少し軽減するが動かしにくいです。

腱板損傷もありますので、まずは病院の受診をして検査をお勧めします。
腱板が破損した状態のことを言い、転倒や打撲、スポーツ外傷などまた、中高年に多く肩の使い過ぎなどの原因など、これは、はっきりとは分かっていません。